トラブルは早く治すことが大事

日頃から、念入りに歯磨きをしている方もいるでしょう。口内の健康のためには、歯磨きをすることが何よりも大事です。しかし、歯磨きをしていても、虫歯や歯周病になることもあります。その場合、少しでも早く治療に専念する必要があります。

虫歯と歯周病の違い

虫歯とは

虫歯は「ミュータンス菌」という細菌がもとで生じます。ミュータンス菌は、砂糖を含む食品を食べると歯垢を作ります。そして、歯垢内では酸が作られ、この酸が原因で溶かされた歯が虫歯です。

歯周病とは

細菌の感染により、生じる炎症性疾患が歯周病です。歯磨きをする場合、歯肉と歯の隙間をきれいに磨けていないと、その箇所に細菌がたくさんたまります。その結果、歯周病を引き起こし、歯肉が腫れたり赤みを帯びたりするのです。

歯並びが悪いことでトラブルリスクがあがる

歯並びが悪い場合、きれいな歯並びの方よりも、歯磨きがスムーズにいかなくなってしまいます。そのため、汚れをきれいに落としきれず、口内トラブルを引き起こす可能性が出てきます。口内トラブルを未然に防ぐためにも、歯並びの悪い方は歯の矯正をすることが大事です。

矯正歯科へ通い治療した方がいい歯並びのタイプ

インプラント

叢生(そうせい)

歯とアゴの大きさが釣り合っていないことが理由で、歯が重なったり正常に生えなかったりすることを叢生(そうせい)と言います。乱杭歯(らんぐいば)や八重歯も叢生です。叢生になると歯磨きが困難になり、歯周病や虫歯になりやすくなります。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

世間でよく「出っ歯」とも言われるものが、上顎前突(じょうがくぜんとつ)です。上顎前突になる理由としては、下アゴの成長不足や前歯の角度異常、指しゃぶりの癖などがあります。さらに、小さな頃から口呼吸をしている方にも、上顎前突が多い傾向があります。

反対咬合(はんたいこうごう)

俗に「受け口」と呼ばれるものが、反対咬合(はんたいこうごう)です。反対咬合になる理由は、遺伝が絡んでいることも理由の一つです。他にも、日頃から舌を突き出したり上唇を噛んだりすることで、反対咬合になる場合があります。

千葉県にある歯科がオススメ★

悪い歯の状態の放置は厳禁!歯科へ行かないとさらに悪化する恐れあり

診察室

歯並びやインプラント治療は専門医に任せよう

歯並びが悪い方は、口内トラブルを引き起こさないためにも、できるだけ早く歯並びをきれいにする必要があります。ですが、自力で歯並びを矯正するのは厳しい部分があります。よって、矯正歯科へ行き、専門医にきちんと治療してもらうのが良い方法です。歯並びの矯正には、マウスピース矯正やインプラント矯正、セラミック矯正などいくつかあります。初めて歯科で矯正する場合、どの矯正方法がいいのか悩むこともあるかもしれません。矯正歯科では専門医が患者の話をしっかり聞き、その患者にあった矯正方法で治療を行ってくれます。ですから、歯並びに問題のある方は、矯正歯科へ行けば安心して治療を任せられるでしょう。 また、歯をなんらかの理由により失ってしまった方も放置しないで、人工歯を取り付けるインプラント治療を受けるようにしたほうがいいです。

インプラント治療を堺市で受けるならこちら!

代々木の歯科に依頼しよう◎

インプラントを受けてお口の悩みを解消しよう♪

矯正歯科なら杉並区のここがオススメ

広告募集中